NO IMAGE

I2C slave simulatorを作る(3)〜便利な関数を定義する(内容が古くなりましたが記録として残します)

  • 2019年4月24日
  • 2019年4月24日
  • IoT
  • 47view
IoT NO IMAGE

「I2C slave simulatorを作る(2)〜メインloopを作る」のtransaction記述の中で使う順番に、あると便利な関数を列挙しておきます。

===

(1) startを待つとき使うもの

byte read_scl();

void wait_sda_fall();

(2) byte readするとき使うもの

byte read_sda();//SCL=riseを待ってSDAを取り込む。返り値は1bit

void wait_scl_rise();//read_sdaの中で使う

(3) ACKを返すとき使うもの

void write_sda(byte);//read_scl()でSCL=highのときSDAにデータを載せる

(4) 8bit read/writeのとき使うもの(2)(3)で既出

(5) 次のサイクルを判定するとき使うもの(既出)

===

以上をまとめると

===

void wait_scl_rise();

void wait_sda_fall();

byte read_scl();

byte read_sda();

void write_sda(byte);

===

ここまで

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!