NO IMAGE

PythonからmacのUSBポート入出力

  • 2019年4月24日
  • 2019年4月24日
  • IoT
  • 119view
IoT NO IMAGE

PythonからMbed経由でI2Cセンサーにアクセスするための事前準備です。

macにUSB接続した外部ボード(ここではArduino互換機)に、Pythonから入力した文字をそのままecho backさせました。まずはArduinoのスケッチ。

===

void setup() {

  Serial.begin( 9600 );

}

void loop() {

  if( Serial.available() ){

    char c = Serial.read();

    Serial.print( c );

  }

}

===

次にmacで動かすPython

===

import serial

ser = serial.Serial(‘/dev/tty.usbserial***’,9600,timeout=None)

while True:

    ch1 = input()

    ser.write(bytes(ch1, ‘UTF-8’))

    ch2 = ser.read()

    print(ch2)

===

結果はこんな感じです。

0を入力したらb’0’が出力され、1を入力したらb’1’が、、、の連続です。

※ボードを変えると”tty.usbserial***”の部分が変わるので注意が必要です。(’18.11.19記す)

===

ここまで

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!