NO IMAGE

I2C-COMの実装〜コマンドパーサ(内容が古くなりましたが記録として残します)

  • 2019年4月24日
  • 2019年4月24日
  • IoT
  • 23view
IoT NO IMAGE

コマンドパーサとは、コマンドを解釈するルーチンのことですが、Arduinoのスケッチではloop内に実装します。以下、概略を示します。

===

シリアル受信した1文字が

‘S’ならstart()を出しておしまい。

‘P’ならstop()を出しておしまい。

‘W’なら後に続く2文字(hexa)を受信して左に1bitシフトして、write(bit)を8回実行し、read()でACK/NACKを返す。

‘R’なら後に続く2文字(hexa)を受信して左に1bitシフトして1bを加え、read()を8回実行し、9回目のread()でACK/NACKを読んで返す。

‘T’なら後に続く2文字(hexa)を受信してMSBからwrite(bit)を8回実行し、read()でACK/NACKを返す。

‘K’ならwrite(0)を出しておしまい。0=ACKを意味する。

‘N’ならwrite(1)を出しておしまい。1=NACKを意味する。

===

ここまで

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!