IoT実用化講座3「センサーの用途と分類」

  • 2019年3月28日
  • 2019年3月28日
  • IoT
  • 46view
IoT

1. センサーが内蔵されている機器

スマホ
・マイク、カメラ、タッチパネル、指紋センサー
・温湿度、気圧、照度、ジャイロ、加速度の各センサー

その他多くのセンサーを内蔵している機器類
空調機器
調理機器
自動車

2. センサーを使う目的、用途


観測対象の物理量をセンサーで電気信号に変える。得られた電気信号(場合によっては複数)を加工して(人がこれから何をしようとしているか等の)複雑・高度な情報を得る。

3. センサーで得られる情報の分類


視覚:可視光、赤外線、紫外線。これをまとめた画像
聴覚:音声、振動
触覚:速度、加速度、質量
味覚:液体成分、流量
嗅覚:気体成分

4. センサーを使えるようにするための機器構成


インタフェース①:センサー素子と制御回路(これらをまとめてセンサー機器)
インタフェース②:制御回路とゲートウェイ

最新情報をチェックしよう!